面接を受ける前に職場見学を希望しよう

保育士は、保育所だけでなく様々な福祉の現場で活躍が期待されており、年々求人の数が増えています。そうした中、少しでも働きやすい職場を見つけるには、面接を受ける前に職場見学を希望して、職場環境やスタッフの人間関係、雰囲気などをよく把握するのがおすすめです。社会福祉法人などの新卒者からベテランまで様々な立場の保育士を受け入れている職場においては、一年を通じて職場見学に対応しているところもあるため、気軽に問い合わせをしてみましょう。また、児童養護施設や児童自立支援施設といった子供に特別な配慮が必要な施設においては、職場見学のルールが厳しくなっているところもあるため、念入りに担当者と調整を行うことが肝心です。

社員からパートまで色々な求人を選べるサイトを使おう

保育士求人を専門に扱っているサイトは、20代から30代の若手の求職者を中心に人気が高まっており、賢く利用することで就職活動の時間を大幅に短縮できるという魅力があります。特に、社員からパートまで色々な求人を選べるサイトについては、新卒で就職を希望する人だけでなく、ブランクがある人や子育て中の人の間でも使い勝手が良いツールとして捉えられるようになっています。また、サイトによっては求人に応募をする前に求人先の担当者にメールや電話で相談ができたり、無料で適性診断を受けられたりするところもあります。そのため、効率良く職場探しをしたい場合は、早い時期から多くの保育士の有資格者から選ばれているサイトの機能やサービスに目を向けることがおすすめです。

内定後に満足のいく研修を受けられるかチェックしよう

保育士として長く児童福祉施設でキャリアアップを図りたい人は、内定後に満足のいく研修を受けられる職場を選択することが何よりも重要です。たとえば、慢性的にスタッフが不足している施設においては、仕事中に施設長や先輩に十分なフォローをしてもらえなかったり、研修が行われなかったりすることもあるため注意を払う必要があります。若手の保育士の人材育成に力を注いでいる施設の中には、ベテランの保育士が新人を対象にマンツーマンで教育をしたり、外部のセミナーを自由に受けられるようにしたりするところもあります。将来的に主任保育士や施設長などの責任のある役職を目指したい人は、管理職候補に対しても適切な機会に研修が実施されている職場を探しましょう。その他、場合によっては、就職活動中に同じ施設でキャリアを積んだ保育士の話を聞いたり、福祉業界の就職相談会などに参加をしたりするのも良いでしょう。

保育士の派遣を大阪が力を入れています。スポット的に保育士が足らない場合やおおきなイベントの実施のため保育士増員のニーズにこたえるためです。