日系企業と外資系企業の給与体系の違い!

外資系への転職を考えているなら、まず日系企業と外資系企業の給与体系の違いについて知っておく必要があるでしょう。日本の会社は毎月決まった給料が支払われ、年に数回ボーナスが出るのが一般的ですよね。しかし、外資系企業は全く給与形態が異なります。基本的には成果報酬となっていて、年収として給与が決められています。例えば毎月いくらという決め方ではなく、年収が600万円でそれを12頭分して、毎月50万円ずつ支払われるようなシステムです。そのため、日本で言われるボーナスというシステムはありません。外資系は年収が高いというイメージが強いかもしれませんが、日本企業でボーナスとして扱われている分が年収に含まれているケースが多いため、結果的に年収が多くなるというわけです。

外資系は成果を重視される!

日本の企業は、年功序列の傾向が強いイメージがありますよね。新入社員は簡単な仕事から任されて月収も低く、年齢を重ねるごとに役職や給与が上がっているというイメージが強いです。しかし、外資系企業は年齢ではなく実力や成果を重視されます。成果を出せば入社したての人でも大きな仕事を任されることがありますし、給与が一気にアップする可能性もあります。こういう実力主義の世界に魅力を感じて、外資系へ転職を考える人も多いです。自分の頑張り次第で上を目指せるのは良いポイントですが、逆を言うと成果が出せなければ報酬が得られない厳しい世界でもあります。頑張って働いていればだんだん給与が上がるという安心感はないので、常に成果を求め続けなければなりません。

外資系企業で求められるスキル

外資系企業では、日系企業とは違う基準で人材を選んでいます。求められるスキルは色々ありますが、やはり一番重要になるのが英語力でしょう。外資系企業は色々な国籍の人が働いているので、そういう人達とコミュニケーションが取れないと仕事になりません。電話やメールで仕事の打ち合わせをする時、会話が成り立たなければ仕事が進みません。ネイティブな英語力は必要ないですが、仕事上のコミュニケーションに困らない程度の英語力は必要です。

自分の意見をはっきりと主張することも、外資系企業では重要になります。日本では謙虚さが美徳とされる傾向がありますが、外資系企業でそれは通用しません。成果が求められる世界なので、自分の仕事の成果をしっかりアピールできないと、それに見合った報酬を受け取ることができないのです。自分はこれだけ頑張っている、仕事でこんな成果を出したということを、評価する上司にしっかりアピールすることが大切です。

専門的な職種ではなく、いわゆる事務作業で外資のIT企業に就職を考えている場合、ある程度の英語力は必要となります。