外資系企業とは、どう言った会社なの?

そもそも、外資系企業とはどう言ったものかご存知ですか?外資系企業とは、海外の法人や海外の投資家が一定数以上出資している日本の企業の事を言います。一般的には外国の企業が、日本で会社を設立した物のことを指す事が多いです。その他にも外国企業が日本の企業と共同出資で設立した会社や、外国の企業が買収した日本の企業も外資系企業と呼ばれます。語学力が必要であったり日系企業と比べて転職するのは難しくはなりますが、基本的に日系企業より給与も高く魅力的な転職先と言えます。

外資系企業のメリット、デメリットとは?

外資系企業には日系企業と違ったメリットやデメリットがあります。まずは新人の概念ですが、外資系企業には基本的に新人という概念はなく日系企業によくある丁寧な新人研修は、ほぼないと見て間違いありません。全員が即戦力なのです。しかし高いスキル等を持っていればそれに見合った評価や報酬を手にいれる事ができるので、これは大きなメリットと言えます。

その他にも、外資系企業は労働時間の軽減や、休暇制度に力を入れている企業が多いので、ワークライフバランスを良くできると言ったメリットや語学力の向上などもメリットとして挙げられます。

しかし同時に、成果をあげられなければ給与を大幅にカットされてしまったり、契約を打ち切られてしまったりしてしまう事もあります。終身雇用制度が広く浸透している日本ではあまりこう言った事はないですが外資系企業ではありうるのです。安定性を求める方にとっては大きなデメリットになります。

では、どう転職したらいいのか?どう選ぶのか?

外資系に転職する場合、どう言った方法がベストなのでしょうか?転職してスキルアップを目指している場合は、転職エージェントを利用することをお勧めします。転職エージェントに依頼すると非公開求人などの求人に応募できる事や、転職のプロにサポートをお願いできるので転職成功率が上がります。利用するエージェントによって取り扱う企業は違うのはもちろん、報酬などの待遇も変わってくるので複数のエージェントに登録して、その中から自分のニーズにあったエージェントを見つける事をお勧めします。

また、転職したい企業の社風や経営方針が自分に合っているのか等の価値観のすり合わせも大切です。そうしないと入社後にギャップを感じてしまったり、と満足のいかない結果になってしまう事も考えられます。転職エージェントに休日数や報酬面など自分の希望する条件をきちんと伝えしっかりと企業選びをしていきましょう。

外資系求人を探すとき、一般的な求人と書き方が異なっているケースもあるので注意が必要です。求人票の条件をしっかりと確認することで、トラブルを防ぐことにつながります。