工場の求人は非常に多い!選び方は?

アルバイトや派遣会社、正社員募集を見ると、工場で働く求人が多数掲載されてます。とはいえ、工場の仕事内容は非常に多く、同じ工場でも全く違う作業をすることも多いのです。そこで今回は、失敗しない工場選びの極意を教えます。

期間を定めて長期の募集しているか、積極採用中か

応募するときに、長期の仕事を期間限定で募集している工場があれば、ねらい目です。一年に一回程度の募集であれば、応募倍率は高くなりますが、雇用の安定した職場で働ける可能性が高いです。職場における人数の変動が少ないため、安心して働きやすいです。募集する時期は春の3月や秋の9月など環境が変わるときが大半なので、その時期に求人を探すと仕事が見つかりやすいです。また、積極採用中の場合は、十分な雇用が足りていないか、人がすぐに入れ替わるので積極的に採用しているパターンが多いです。そのため、長期的に働く場合は避けた方がいいでしょう。逆に、短期で働きたい、一気に稼ぎたいのであれば、採用率が非常に高いため、おすすめの求人です。

働いている世代はどのくらいか、男女比はいくつか

自分と同じ年代の人が多く働いているかも大事な見極めポイントです。工場の作業内容が自分の年齢に合っているのかが判断できます。あと、精神的にも、同年代がいると休憩中の会話が弾むし、同僚として仲良くなりやすいので、年代の把握をしておくと働きやすい環境選びにつながります。工場は男女それぞれ担当する作業が違ってきます。例えば、郵便物の仕分けであれば、男性は郵便物を梱包した箱を運搬する、出荷する郵便物を荷台に乗せて出荷準備をする一方で、女性は郵便物の検品や、郵便物の仕分け、ピッキング作業が多いです。男女比はもちろん、仕事内容がそれぞれ変わってくるため、働く前に確認しておく必要があります。

未経験でもできる仕事なのか、サポート面は良いのか

工場の仕事の中には、専門的な作業が求められる仕事や、危険物取扱者やフォークリフト、クレーン車の資格など、経験者を必要とする仕事もあります。要資格の仕事は給料など待遇がいいですが、未経験では応募できないため、事前にしっかりと確認しておきましょう。また、工場の仕事内容に関して未経験である場合、研修やサポート面が充実しているのかしっかり確認しましょう。中には働く前に、工場見学や職場体験を行う企業も増えています。事前に参加して、疑問点があればよく相談しておくと仕事のミスマッチを防ぐことができます。

工場での求人探しは慎重に!

工場の求人は数が非常に多いので、自分に合った仕事を選ぶチャンスがたくさんあります。面接では仕事内容など細かく説明してもらい、不備のないようにしましょう。工場で安定して働くために、求人情報は念入りに確認しておくことが大事です。

住み込みの求人は仕事と生活の拠点を一度に確保できるので、地方から働きに出る人には非常に便利です。その一方で住居の家賃や光熱費などが賃金から差し引かれることもあるので、手取りの金額の確認は必須です。