やりたいバイトがない!

たくさんの求人の中から色々と条件を絞っても、自分のやりたいバイトが見つからないという事態は残念ながら多々起こりえます。「ここは田舎だからバイトが少ない」と嘆く声もよく聞かれますが、都心部でもよく起きているのです。アクセスだけの問題ではありません。では、どうしてやりたいバイトが見つからないのでしょうか?

「自分のやりたいバイト」のハードルが高すぎる…!?

知らず知らずのうちに、自分が求めるバイトのハードルが高くなってしまっているのかもしれません。たとえば「自分が好きなゲームの販売で、時給は最低でも1100円以上、自転車で通勤できる範囲」「イベントスタッフをしたいけど土日はバイトしたくない」なんて条件ならどうでしょう?ゼロではないかもしれませんが、限りなく少ないでしょう。この例で言えば、ゲームの販売というジャンルがかなり限定的である上に時給と場所で相当狭まっていますよね。また、イベントスタッフが駆り出されるのはほぼ土日祝日のイベントです。土日のバイトができないイベントスタッフはなかなか難しいと言わざるを得ません。

「自分にできること」を探してみる!

そんな時は視点を変えて、「自分のやりたいこと」から探すのではなく、「自分にできること」からバイトを探してみるのも大切です。体力や腕力がある人なら力仕事でも苦にならないですし、人と話すのが好きな人なら接客業を経験してみるのも良いでしょう。「自分にできること」を探してみると、バイト探しの幅は一気に広がります。給与やアクセス、条件などをふまえて絞り込んでみた中から、「自分にできること」を探してみると良いでしょう。

たくさんの職種から自分に合った仕事を見つけられる綜合キャリアオプションなら、未経験の仕事にもどんどんチャレンジできます。